古民家自力で解体 天井からカマとへびが降ってきた

2軒目のおうち

こんにちは。新潟県上越市在住の京谷奈緒美(きょうやなおみ)です。40代で3軒目の家づくり「楽して快適に暮らす」をテーマにブログを書いています。

はじめての方はこちらをご覧ください。

古民家解体 難関の天井に挑戦

古民家リフォーム 予算は633万円

予算不足のため自力で古民家を解体、処理を行いました。

壁、欄間は比較的スムーズに行いました。

難関は天井。

素人が行うにはハードルが高い気がします。

夫は、この天井はすでに傷んでいるので、ちょっと崩せば大丈夫。

そんな楽観的な推測をしていました。

楽観的だから家を自分達で壊すと言うのだなと思いました。

天井の解体の前にすること

天井の解体の前に照明を外す必要があります。

キレイに外さなくても良いので、バールでベリベリッと取りました。

続いて天井を解体

天井を軽くバールで引っ掻いただけで、天井が崩れていきました。

その周辺を剥がしていきます。

大量の埃と藁、いろんなものが天井から降ってきました。

喘息持ちの私にとって過酷な環境でした。

写真を撮らずに、その場を離れ、夫が一人で作業をしていました。

天井から落ちたもの カマ

いろんなものが天井から降ってきましたが、

カマが降ってきたのは驚きました。

元 持ち主さん曰く、昔は天井裏で蚕を飼っていたそうです。

そして、農作業ができない冬は天井でカゴを編んでいたそうです。

続いて天井からヘビ(の抜け殻)が落ちてきました

私の中では1番恐ろしかったのがヘビの抜け殻。

これも天井から落ちてきて絶叫しました。

見事な抜け殻です。

抜け殻があるということは、本体も天井にいるはず。

虫も嫌いだけどヘビはもっと嫌いだ。

その予想は外れてほしいと祈りました。

天井のビフォー アフター

天井を壊す作業は半日ほどかかりました。

苦労の成果を見てください。

ビフォー

アフター

天井から落ちたものたち

見るだけでうんざりする光景です。

唯一の良いところは、ほとんどが燃えるゴミです。

プラチックス、金具がないので、ゴミの分別作業はありませんでした。

これは、とても楽だと思います。

ここで、怯んではいけません。

続いて、難関の押し入れを解体します。

ここも私にとって絶叫ものが出てきました。

次回のブログは「押し入れ解体 苦戦 釘も自然物!!」について書きます。

4月18日 7時03分に更新予定です。

家作りとは関係ありませんが、週に6日アメブロでブログを更新しています。

りそらのイングルサイト
risoraさんのブログです。最近の記事は「朝ごはん 無印良品キーマカレーでホットサンド(画像あり)」です。

良かったら見てください。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました