古民家リフォーム 予算633万円 どこまでできるか 打ち合わせの結果

2軒目のおうち

こんにちは。新潟県上越市在住の京谷奈緒美(きょうやなおみ)です。40代で3軒目の家づくり「楽して快適に暮らす」をテーマにブログを書いています。

初めての方はこちらをご覧ください

リフォームの打ち合わせ 修理するところ多数 予算は少数

家のリフォームに向けて建築会社さんと打ち合わせを行いました。

修理する箇所は山ほどありますが、

使える金額は633万円。

夢を語るリフォームではなく、どこまでやるか。どこまで削るか。

そんな打ち合わせでした。

全面リフォームではなく部分リフォームに

この画像は、木造住宅耐震診断書に載っていたものです。

耐震診断の結果、特に傷みや傾きが激しいと診断された和室18畳を

中心にリフォームをすることにしました。

緑色の部分を全部リビングダイニングにしました。

北側の5畳の和室(布団部屋だったそうです)の扉を外し、

リビングは23畳に。

そこにキッチンを作ってもらう予定です。

  • キッチンは大工さんに作ってもらう
  • 窓は二重にする
  • 床は無垢の素材
  • 壁は漆喰

叶うかどうかリクエストをしてみました

リビングの隣に子供部屋を設置

リビングの隣に4・5畳と6畳の和室がありました。

押入れを取っ払い、この2部屋を子供部屋にすることに。

  • 床は杉の無垢材
  • 木の収納をつけてもらうことをリクエスト
  • 窓は2重窓
  • 壁はビニールクロス

叶うかどうかわかりませんがリクエストをしました

寝室を畳にする

青く塗りつぶしたところを寝室にすることにしました。

  • 床は畳
  • 壁はクロス
  • 窓は2重窓に

布団で寝ることを考えて、床は畳にしました。

寝室に関してはこだわりがないので、必要最低限のリクエストになりました

リフォームをしない場所

黄色く塗りつぶした場所がリフォームをしない部分です。

色々と改善したいところが多々ありましたが、

予算不足なので仕方がありません。

洗面所、お風呂、トイレなどの水回りのリフォームを行わなかったのは、

予算面において助かりました。

外壁、屋根も緊急性がないので現状維持でいきます。

リフォームをする場所

ピンク色に塗ったところをリフォームしていきます。

土台、天井、壁(断熱材を入れる)全て行います。

予算不足の壁に当たる

ここまで書いて、多くの読者様は「633万円では無理」と思ったでしょう。

実際、そうでした。

どうしても予算不足の壁を越えることができません。

リフォームはキレイに仕上げるだけではなく、解体やゴミ処分代がかかるからです。

建設業者さんも頭を捻り、

担当する大工さんを1人にするなど人件費を節約しようとしてくれました。

それでも予算不足になります。

分厚いリフォーム計画書と予算を見て、夫が考えたアイデアでなんとかなりました。

アイデアというより、他に選択肢がありませんでした。

次回のブログは「古民家リフォーム 自力で家を解体」について書きます。

もうできない・・・

更新は4月8日 7時03分になります。

家作りとは関係ありませんが、週に6日アメブロでブログを更新しています。

良かったら見て下さい。

りそらのイングルサイト
risoraさんのブログです。最近の記事は「朝ごはん 無印良品キーマカレーでホットサンド(画像あり)」です。

今日も最後まで見ていただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました