まずもってセンスがない扉 火の用心シールに苦戦

2軒目のおうち

おはようございます。

新潟県上越市在住の京谷奈緒美(きょうやなおみ)です。40代で3軒目の家づくり「楽して快適に暮らす」をテーマにブログを書いています。

初めての方はこちらをご覧ください。

寝室の扉が気に入らない

寝室の扉に火の用心シールが数枚貼ってありました。

私が子どもの頃、こういうシールをもらった思い出があります。

最近は見かけませんが、今でもあるのでしょうか?

(あるとしても処分すると思う。ごめんなさい)

そのシール類が寝室の扉に貼ってあるのです。

センスがない私ですら「剥がしたい」と思うほど

派手で大きなシールでした。

シール剥がしスタート

このシールが扉にあるだけで素敵な空間になりようがない。

我慢できず、シール剥がしを開始することにしました。

長年、貼られていたシール。

シールを剥がすと扉の壁紙も剥がれます💦

予想以上に頑固で剥がれません💦

シール剥がしを使用してこの結果。

1時間ほど苦戦していましたが、キッチンから焦げ臭い香りがしてきました。

慌ててみると、パウンドケーキが黒焦げに!!

この日、私がしたこと

シール剥がしに失敗

夫曰く、剥がさない方がキレイだったと指摘しました。

ほんとだ。

悔やんでもアフターフェスティバルです。

シールは元に戻らない。

そして、ケーキを焦がしました。

真っ黒に焦げた部分を剥がして、

マグマみたいに噴火しているw

普通に食べました。

行ったことが全て失敗し、草臥れた1日でした。

次回のブログは「古民家に新風!真新しい扉がつきました!」について書きます。

更新は8月12日の7時03分になります。

あれから13年。不器用だけではなくセンスもゼロと自覚↓

『センスってどうやって磨くのですか( ´Д`)y━・~~& 自宅の恐怖スポット 井戸』
センス 目に見えないものに圧倒された   おはようございます。  初夏に好評のミント&レモン🍋    先日、大量に入荷したので、滅多にしない品出しを行いまし…

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

良い1日になりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました