古民家リフォーム 柱の太さと長さが全て違う!大工さん泣かせの補強工事

2軒目のおうち

おはようございます。

新潟県上越市在住の京谷奈緒美(きょうやなおみ)です。40代で3軒目の家づくり「楽して快適に暮らす」をテーマにブログを書いています。

初めての方はこちらをご覧ください。

古民家リフォーム 土台工事と壁の補強

左官屋さんのお陰で、デコボコだった家の床が

フラットになりました。

その次に行うのは壁の補強。

リフォーム前の壁はこんな感じ。

断熱材がない壁に、補強の板があります。

リフォームは一部だけですが、地震が来ても大丈夫なように

補修を行います。

大工さん泣かせの壁の補修

大工さん曰く、木は長年使用していると、

ねじれたり、狂うそうです。

真っ直ぐな木に対しての補強は簡単だそうですが、

ねじれていたり、サイズがバラバラの木に対する補強は大変だそうです。

それに合わせて、柱を補強するには技術と経験が必要です。

「最近の家はプラモデルのようだから作業が楽だな〜」と大工さんは話します。

明治元年築の我が家。それも建てたのは町民(素人)。

補強工事が大変なのは簡単に想像できます。

家が日々進化していく!!

柱の補強のために運ばれた材木。

「どうする?」「こうするか?」と大工さんは独り言を呟きながら、

壁の補修を行いました。

素人目で見ても、とても上手に柱を補強しています。

この頑張り、断熱材が入り、壁紙が貼られたら見えなくなってしまいます。

とても美しいと思ったので、写真に残しました。

日々、進化する家作り楽しみでした😊

次回は「古民家リフォーム 土台の補強と床下の虫除け薬」について書きます。

暑い夏。夫も参戦しました。

更新は6月17日の7時03分になります。

週に6日アメブロを更新しています。

りそらのイングルサイト
risoraさんのブログです。最近の記事は「朝ごはん 無印良品キーマカレーでホットサンド(画像あり)」です。

良かったら見てください。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました